根掛かり対策アシストフック(メルカリ出品中 https://www.mercari.com/jp/items/m71353418466)

【記事ジャンル】

【ショアジギング/ダイソージグQ&A】塗装は剥げても大丈夫?

ダイソージグQ&A

ダイソージグの塗装は弱いです。

使っているうちに、地面や岩にぶつけたりして塗装が剥げてきます。

しかし、幸いなことに、塗装が剥げても釣れ続けます

半分くらい鉛が剥き出しになっていても、釣れます。


もし、塗装の剥げが気になる場合は、使用前にコーティングを行うと良いでしょう。

コーティングする場合は、

リングとフックを外した状態でアイにクリップなどを引っかけて、

気泡ができないようゆっくりコーティング液のビンにジグ全体をどぶ浸けし、

ゆっくり引きあげ、どこかに吊るして数時間乾かします。

このとき、コーティング液が手や物につかないように注意してください。

手や物につくと瞬間接着剤のように固まってしまいます。


コーティング液は吸い込むと有毒であるものが多いので、どぶ浸けする際は換気を忘れずに行ってください。

乾かすときは、コーティング液が垂れても良いように新聞紙等を敷きましょう。

十分乾かしたら、アイに張ったコーティングの膜をキリなどで切り落とせば完成です。

より強固なコーティングにするには、コーティング剤に浸けては乾かしてを数回繰り返します。

コーティング剤のビンが小さく、ジグ全体が入らないときは、

フロント側から入れて乾かした後、今度はリアから入れて乾かせば大丈夫です。

重ね塗りをするときは、コーティング剤がしっかり乾いてから次の作業を行いましょう。


コーティング剤は以下のようなものがあります。

使い切る前に固まってしまうことが多いので、小さめのビンがオススメです。

超!ケイムラウレタンフィニッシャーEX 130mlposted with カエレバ 東邦産業 Amazon楽天市場


ダイソージグQ&A

Posted by KEN