ダイソージグ 餌釣りよりも釣る秘訣:スクエアフィッシング

ダイソージグ釣り方

今、目の前に1匹の魚が泳いでいるのが見えます。

ダイソージグを投げるあなたと餌釣り師の二人がその1匹の魚を狙って同時にキャストをします。

どちらがその魚を釣るでしょうか。

 

おそらく、餌釣り師に軍配があがるでしょう。

一般的には、ルアーは餌釣りに勝てません。

なぜでしょう。

答えは簡単です。ルアーは偽物だからです。

 

では、ルアー釣りと餌釣りでは何が決定的に違うのでしょうか?

ハリの数、竿の本数、撒き餌の有無…挙げ切れないほどありますね。

 

「ルアー釣りと餌釣りとの違いは何か」を深く考えていくと、ルアー釣りで釣果を飛躍的にUPさせるコツが見えてきます。

どういうことか説明しましょう。

釣果 = 集魚力 × 食わせ率 × 1投にかかる時間(手返し) と単純化します。

ここで、「集魚力」は餌又はルアーがある場所の周囲にいる魚を集めることができる力とします。

たとえば、

釣り場を見立てた10×10のマスで考えてみましょう。

ある場所に餌又はルアーをキャストした場合、エサ釣りならキャストしたポイントの周囲1マス(計9マス)にいる魚を集められるとし、

ルアー釣りなら、ルアーが通ったマスにいる魚のみ集められる(キャストしてからリトリーブするので計10マス)ことをイメージしてみてください(下の図を参照)。

次に、「食わせ率」は、目の前にあるルアー又は餌に食いつく確率のことです。

極端ですが、ルアーは10匹に1匹しか食いつかないとして10%、餌釣りは100%とします。

最後に「1投にかかる時間」は、そのままなので解説しません。

ここでは、ルアーは1分、餌は10分かかるとします。

 

さて、では実際に先ほどの数値を使って計算してみましょう。

 

餌釣りの釣果

= 集魚力9マス × 食わせ率100% × 1投10分

= 10分で9マス攻略

 

ルアー釣りの釣果

= 集魚力10マス × 食わせ率10% × 1投1分

= 10分で10マス攻略

どうでしょうか。

ルアー釣りが餌釣りよりも食わせ率が低い場合でも、キャストの飛距離が上回っていたり、キャスト数が多かったりすれば、同じ時間でより多くのマスを攻略することができるのです。

釣り場はすべてのマスの和であることから、釣果は攻めて塗りつぶしたマスの面積に比例します。

食わせ率の低いルアー釣りにとって、ランアンドガン(キャストしては移動するを繰り返すこと)がどれほど大事なことかわかっていただけたでしょうか。

ルアー釣りは足を止めてはいけないのです。

先ほどの例では、釣り場をマスの総和の四角と捉えて考えました。

「四角」は英語で「スクエア」ですので、『スクエアフィッシング』と名付けてみました。

 

餌釣りは円の釣り、ルアー釣りは線の釣り。

釣り方によってスクエアの攻略方法が全く違います。

ダイソージグ(ルアー)で釣る場合は、スクエアフィッシングを忘れずに。

ダイソージグ釣り方

Posted by KEN