根掛かり対策アシストフック(メルカリ出品中)

【ショアジギング/ダイソージグQ&A】覚えておきたいラインの結び方3選

ダイソージグタックル

ラインの結び方ってたくさんあってどれにしたら良いかわからない。

出来れば簡単に結べて強度の高い方法が良い。

そして覚えるのは最低限のものだけにしたい。

そんな自分の実体験から、ダイソージグでショアジギングをするときに覚えておきたいラインの結び方を3つご紹介します。

今回はPEラインをメインラインとしたスピニングタックルを想定しています。

 

 

ユニノット

ユニノットは、スプールと下巻きラインの結束するときに使います。

強度は必要なく、さっと結びたい状況で使う結び方です。

ユニノットの特徴として、スプールに結んだ後でも結びこぶを引っ張ると結び直し(輪のかけ直し)ができることが利点です。

スプールに一重しただけではラインが滑ってしまうときは、二重、三重にして滑らないように調整しましょう。

 

 

 

ノーネームノット

ノーネームノットは、ライン同士を結束する方法で、PEラインとリーダーを結束するときや下巻きラインとPEラインを結束するときに使います。

結びこぶを作るのですっぽ抜けリスクが少なく、特別な器具やライターは不要です。

今回ご紹介する中では最も難易度が高い結び方です。

もちろん、FGノットなどの他の方法が出来れば、必ずしもこの方法を使う必要はありません。

 

基本形は結びこぶの両端に編み込みむ形ですが、強度が必要なくさっとライン同士をさっと結びたいシチュエーションもありますので、以下のように使い分けています。

・PEラインとリーダー⇒基本形の結び方

・下巻きラインとPEライン⇒編み込みの回数を減らす。結びコブより下巻きライン側のハーフヒッチを省略してエンドノットのみにする。

 

 

ダブルクリンチノット

ダブルクリンチノットはリーダーをルアーやスイベル等に結束する方法です。

ダブルクリンチノットは何通りかありますが、動画にUPしたものは基本形を崩したもので、標準形よりも簡単に結べて強度が高いとされています。

 

 

 

まとめ

今回は、ダイソージグでの釣りにあたって覚えておきたい結び方を3つあげてみました。

この3つを覚えておけば、釣りが成り立ちます。

最初は自分が覚えやすいものから覚えて、余裕が出来たら他の結び方にチャレンジすると良いでしょう。

ダイソージグタックル

Posted by KEN