根掛かり対策アシストフック(メルカリ出品中)

ショアジギング/ダイソージグ 実釣動画 高速巻き&フォールで良型アイナメ

ダイソージグ動画, ダイソージグ釣果

動画の解説

海の状況

この日はやや風がありましたが、濁りはなく、潮はほとんど動いていない状況。

初めは自分の中のお決まりのパターンで、大きめのリフト&フォールを中心に誘いをかけます。

しばらく探りましたが反応がありません。

続いて小さめのリフト&フォールを試します。

こちらも反応がありません。

その後、タダ巻きやズル引きなどいろいろと試しましたが、どれも反応がありません。

 

海の様子に変化

1時間半ほど経った頃、徐々に海の様子が変わってきました。

数匹の小魚が水面を跳ねるようになりました。

とても小さなナブラですが、捕食者がその下にいるかもしれません。

そのうちに、鵜やウミネコたちも海上に集まってきました。

6,7羽が海面に降りて群がっています。

小魚を食べているようです。

遠目なのでキャストは届きませんが、届く範囲にもいるかもしれないと考え、キャストを続けます。

表層をタダ巻き、ジャーク、リフト&フォール、いろいろと試しますが相変わらず何の反応もありません。

 

ついに時合いが! ホッケ登場

釣れないとき、アタリがないときはスローアクションになりがちですが、その誘惑を断ち切って早めのアクションを試すことにしました。

今回行ったのは、「5,6回速めに巻いて、フォール」パターンです。

1回はどれだけアクションが速くても大丈夫というのが持論ですが、さすがに5,6回巻くとなると、ジグが3~4メートル動くことになるため、根魚だと追いつけないかもしれないリスクがありました。

 

しかし、すぐに結果は出ました。

 

高速巻きのあとのフォールでヒット。

このホッケ、35㎝以上あります。

ジグはジグロック40gのブルーピンク。

フックは12lbフックのフロントとリア両方付け。

ジグの上にホッケが吐き出した小魚が映っています。

ジグの半分ほどの大きさでとても小さいベイトでした。

どうやらナブラの正体はこれのようです。

 

続いて良型アイナメ

次に同じアクションで釣れたのは、良型アイナメです。

フォール中にラインが左にぶれたのがアタリです(動画3分24秒あたり)。

45㎝くらいあります。

ロッドをぐいぐいと曲げてくれました。

  

アイナメ2匹目も良型

この日は高速巻き&フォールパターンでいけると確信。

次に現れたのも良型のアイナメでした。

1匹目と比べるとサイズダウンですが、40㎝ほどある真っ黒な魚体です。

真下へぐんぐんと力強く引っ張ってくれました。

 

更にホッケを追加

その後も30㎝台後半のホッケを追加して終了。

ミニサイズのエゾメバルも数匹釣れました。

使用タックル

【ロッド】ラテオ 97MB・Q(ダイワ)

※現在Amazonでは売り切れのようです。

 

【リール】:PROMAX (Abu García) 

 

【ライン】:カーボナイロンライン5号(DUEL)

 

【メインジグ】:ジグロック40g ブルーピンク

 

【フック】:12lbフック フロント1本、リア1本