ダイソージグ 釣れないときは3つのアクションを見直す

ダイソージグ釣り方

しっかりフォール

ダイソージグでの釣りは、経験上フォール中が最もヒット率が高いです。

キャスト後のフォール中や、ジャーク後のフォールに切り替わるとき、出来るだけラインにテンションをかけないよう、フリーフォールを意識することが大事だと思います。

 

ジャークの幅と速さ

ジャークをするときにロッドを動かす距離は魚のサイズというのが持論です。

1mのブリを狙うなら1mのジャーク、20センチのメバルを狙うなら20センチのジャークです。

次にジャークの速さについてですが、1回であればどれだけ速くても構いません。

速ければ速い方がいいと考えています。

しかし、連続で行う高速ジャークは気を付けてください

連続高速ジャークは、泳力がある青物などでないと追ってこれない可能性があります。

この考え方はリフトでも同じです。

 

ボトムをとる

魚は原則ボトム(海底)付近にいると考えましょう。

釣れないときは、ボトムを中心に攻めることが重要です。

ボトムすれすれを攻めているかどうかがわからないなら、ジャーク等で誘いを数回かけたら、ラインがたるむまで(ボトムにべったりつくまで)フォールの繰り返しで良いです。

ボトムまで落とした後のワンジャーク目で食ってくることも多いので、ボトムまで落ちたと思ったら間髪入れず巻き始めてください。

ジグがボトムに落ちると魚は見失ってしまいます。

魚はせっかくの獲物を見失ったので、焦って探します。

ここで、ワンジャーク目で獲物が再び現れるわけです。

すると、もう逃すまいとアタックする、こんな感じでしょうか。

ジグがボトムに着底して時間が経つと追うことを諦めてしまうので、ボトムに着いたらすぐにアクションを行う方が良いわけです。

ダイソージグ釣り方

Posted by KEN