【2021年5月更新】気になっている釣り具

ダイソージグ用タックル, タックルその他

この記事は、個人的に気になっている釣り具をメモ代わりに理由とともに掲載するものです。随時更新。

ロッド

ジグキャスター

前作のジグキャスター90Mを使用しましたが、軽さ、重心、ハリが好みのロッドでした。

ハリが強すぎないので、ジグが投げやすい、バラシが少ない、そしてプラグも動かせました。

90Mは28gのジグがちょうど良い重さだと感じました。

2021年にモデルチェンジし、実勢価格は1.5倍くらいになってしまいましたが、あの使用感が引き継がれているなら違う番手を使ってみたい。

番手は、漁港メインなら一番手軽な90M。メーター級が狙える場所なら100H。

 

 

リール

特にありません。

 

ルアー

撃投ジグ

私はフォールで喰わせる釣り方を多用します。

今年は大型魚狙いに絞っていて、2年前からルアーのほか泳がせ釣りなどで大型魚の釣り方を研究していますが、このジグの動きが理想的なイメージに近い。

フォール時にリア側から落ちずにフロント側から落ちるものがあればより理想に近いので、今閃きましたが、その場合は通常と逆側に結んだら良いかもしれませんね。

当サイトの姉妹サイトである「激安ルアーテスターの途」でも、ルアーの購入価格500円以下に縛っているので、中古等で売ってたら買って試してみたいと思います。