MISSION②:3種類の魚を釣り上げろ!

その他

サワラ、アジ、イナダ、マダイ、サバ

この記事は、100均ジグで1匹でも魚を釣り上げたことがある入門者向けの記事です。

MISSION①:初めての1匹を釣り上げろ!では、入門者が初めての1匹を釣り上げるためのコツについて書きましたが、クリアできたでしょうか。

さて、MISSION①をクリアした方には、次のMISSIONを用意しています。

 

教官
教官
3魚種を釣り上げるのだ!


それでは、3種類の魚を釣り上げるコツについて、少し記載してみたいと思います。

 

MISSION②の難易度は地域によって異なる

MISSION②の難易度は、釣り場にどれだけの多くの魚種がいるかに左右されます。

多くの魚種がいる釣り場もあれば、少ない魚種しかいない釣り場もあります。

MISSION①をクリアした方の中には、同日に②もクリアする方も一定数いるでしょう。

以下、魚種が少ない場合のクリアのコツについて説明します。

 

ターゲットはカテゴリーで考える

3魚種と言われて、魚種名が頭に浮かぶでしょうか。

青物、根魚、平物を1種類ずつ釣っても3魚種達成ですが、

ブリ、サワラ、サバといった青物で揃えるのもOKですし、

ソイ、メバル、アイナメといった根魚で揃えてもOKです。

「青物」や「根魚」といった「カテゴリー」で考えると、同じカテゴリーの魚は、同じようなポイントに数種類が生息しています。

アジが群れている場所にはサバもいたり、ソイがいるようなポイントにはメバルも棲んでいるという意味です。

ですので、狙うターゲットの「カテゴリー」を絞って釣りをすれば、同じカテゴリーの異なる魚種が釣れてクリアできる確率が高くなります。

「カテゴリー」を意識しなくても、クリアできるかもしれませんが、意識することはとても大事です。

上達することを目的としてMISSIONを設定していますので、今日は青物狙いなのか、根魚狙いなのか、意識してみてくださいね。

 

イナダ(青物)
カンパチ(青物)
アジ(青物)

狙う時期を変える

同じ場所で同じ魚が年中釣れ続けるといったことはあまりありません。

効率よくエサを獲るため、産卵のため、魚はエサや海流の流れ、水温によって海を移動しています。

釣り場が遠かったり、安全な釣り場が少ない場合は、同じ場所でも狙う時期を変えれば魚種が変わります。

時間はかかりますが、釣り場は変えなくても釣りに行く時期を変えれば、MISSOIN②はクリアできるでしょう。

雪の中釣ったアイナメ

時間帯を選ぶ

魚種によって、活動が活発になる時間帯が異なります。

夜行性の魚と昼行性の魚を考えればわかりやすいでしょう。

普段なんとなく釣りに行っている人は、時間帯を決めて釣行してみてください。

昼と夜といったざっくりとしたものでも構いません。

夜でも100均ジグで釣れますので、安全に気をつけながらやってみてください。

夜のポイントは昼間よりも岸に近くなることが多いので、岸壁沿いや常夜灯が近くにあるところが狙い目になります。

また、場所によっては朝マヅメと夕マヅメで釣れる魚が変わります。

朝マヅメばかり釣りしていたなら、夕マヅメを狙ってみてください。

夜に釣ったマゾイ

ランガンする

狙うポイントを変えると、釣れる魚が変わります。

防波堤のポイントの動画でも説明していますが、防波堤には魚の着き場が数多くあります。

これまで遠投ばかりしていたなら、岸壁沿いやテトラ沿いを狙ってみましょう。

使うジグとアクション

使用するジグのウエイトやカラーは、特に気にしなくて良いです。

自分の投げやすいウエイトで、好きなカラーを選択してください。

おすすめのアクションはリフト&フォールです。

最後に

今回までのMISSIONのおさらいです。

MISSION①:初めての1匹を釣り上げろ!

MISSION②:3種類の魚を釣り上げろ!

 

MISSION②まで達成できれば、入門者卒業まであと少しです。

頑張ってみてください。

その他

Posted by KEN